1. ホーム
  2. 精力剤の基礎知識
  3. ≫強精剤は精力アップに効果的?知っておくべき副作用とおすすめ3選

強精剤は精力アップに効果的?知っておくべき副作用とおすすめ3選

こちらでは強精剤について詳しく解説しています。

強精剤って何?という疑問を抱えている貴方は必見です。というのも強精剤は医薬品であるため、正しい知識がないと使用は危険だからです。

ですからこの機会に、最後までご覧になることを推奨します。

強精剤とは?

強精剤とは精力剤の一種であり、男性ホルモンの補給を目的とした第一類医薬品です。

全てが第一類医薬品に該当するわけではありませんが、主要の強精剤は大体第一類医薬品となっています。

男性ホルモンの補給をするので効果が強い反面、副作用もそれなりに強いのが特徴です。

そのため購入する際には薬剤師さんからの説明が義務付けられています。安易な気持ちで購入するものではありません。

強精剤に期待できる効果とは

  • 加齢性性腺機能低下症候群(LOH症候群)の防止
  • 血流改善による勃起力の向上
  • 精子の生成を促す
  • EDの改善効果(医薬品のみ)
  • 性欲・精力の増強効果

強精剤に期待できる効果は、男性ホルモン補充による効果とほぼ同一です。

勃起力向上や性欲、精力の増強効果も期待できますし、男性の更年期障害である加齢性性腺機能低下症候群(LOH症候群)防止効果もあります。

男性ホルモンは男性の体機能や精神面にも大きくかかわっているため、強精剤は男性にとって大きな効果をもたらします。

強精剤の副作用とは

  • 発疹、吐き気、発熱、肝機能障害
  • 男性ホルモンの分泌量が低下する
  • 持続性勃起、陰茎肥大、睾丸萎縮、精液・精子減少(男性)

また強精剤の副作用は以上のようなものがあります。

精力剤の中では重い副作用があるので、常用することは得策ではありません。それならバイアグラなどのED治療薬の方がマシです。

強精剤に関しては、低下した男性ホルモンを一時的に補給するのを目的とした服用がベストでしょう。

常用していると、体本来の持つ男性ホルモンを生成する力が落ちてしまいますし、睾丸の萎縮とか怖すぎです。

本当に効く強精剤おすすめランキング

とはいっても強精剤は一時的な男性ホルモンの補強には有効です。今回はおすすめの強精剤をまとめてみました。

1位:大東製薬工業グローミン

growmin

グローミンは大東製薬工業が販売している第一類医薬品です。

人工的なテストステロンではなく、天然型のテストステロン(男性ホルモン)を補充することが可能です。

ちなみにグローミンは飲むタイプの精力剤ではなく、性器に塗るタイプの精力剤なのも特徴です。

大東製薬工業グローミンの詳細はこちら

2位:強力バロネス

barones

強力バロネスは日邦薬品工業株式会社が販売している第一類医薬品です。

このバロネスの有効成分であるメチルテストステロンは、体内で男性ホルモンとして機能するのが特徴です。

他にもイカリソウエキスやニンジンエキス、カフェイン、ビタミンB群などの滋養強壮成分が多く含まれています。

強力バロネスの詳細はこちら

3位:赤ひげ薬局ハンビロン

hanbiron

赤ひげ薬局の精力剤ハンビロンは第一類医薬品です。

ハンビロンには、血管を拡張して血流が良くしていく塩酸ヨヒンビンや、脊髄の反射神経も高めていく硝酸ストリキニーネが配合されています。

これらの成分が有効成分として、EDに対して有効に作用します。

赤ひげ薬局ハンビロンの詳細はこちら

ただし強精剤は副作用が怖いので最初は強壮剤がおすすめ

ただし強精剤は強力であるがゆえに、副作用が怖いです。

ですから精力剤の中でも、副作用がない強壮剤タイプの精力剤を推奨しています。強精剤は最終手段としてとっておきましょう。

ちなみに強壮剤タイプの精力剤で、おすすめな製品は以下の記事をご覧ください。

推奨記事①効果を比較!精力剤・性力増強剤サプリおすすめランキング(現在修正中)

シェアをお願いします。