1. ホーム
  2. 精力剤の口コミ
  3. ≫赤ひげ薬局ハンビロンの効果・効能と副作用について

赤ひげ薬局ハンビロンの効果・効能と副作用について

hanbiron

このページでは赤ひげ薬局 『精力剤ハンビロン』について解説しています。

ハンビロンは第一類医薬品に認定されており、勃起力効果はかなり期待できます。管理人の体感的には精力剤というよりも、勃起薬に近い印象を受けましたね。

赤ひげ薬局ハンビロンとは

ハンビロンはED(勃起不全)の治療薬として、赤ひげ薬局が販売している医薬品です。

医薬品なので効果はかなり期待出来るのですが、効果が強い分、人によっては副作用が出てしまう事もあります。

そのため購入する時には、薬剤師の説明と署名が必要になります。用法容量を守って正しく服用する必要があります。

赤ひげ薬局ハンビロンの効果

ハンビロンはチンコ周辺の血管を拡張させる働きがあります。これによって血流を改善させて勃起しやすくする、というのがハンビロンの仕組みです。

勃起はチンコにどれだけ血液が送られるかにかかっているので、そういう意味でハンビロンの仕組みは極めて理に適っています。

また脊髄の反射神経も高めてくれるので、勃起した後の持続力もパワーアップします。その結果、セックス中の中折れを未然に防ぐ効果もあります。

赤ひげ薬局ハンビロンの成分

ハンビロンには、主に以下の二つの成分が配合されています。

  • 塩酸ヨヒンビン・・・・・血管を拡張して血流が良くしていく
  • 硝酸ストリキニーネ・・・脊髄の反射神経も高めていく

成分を見ても「正直何のこっちゃ」というのが普通の感想だと思うので、この辺はスルーしていいと思いますが、よーするにこれら成分がEDに対して有効に作用します。

それ以外だと、ゼラチンや酸化チタンなど複数の添加物も配合されています。一応。

赤ひげ薬局ハンビロンの副作用

上でも書きましたが、ハンビロンは購入時に薬剤師の説明と署名が必要な医薬品です。わざわざそんなことをする理由はただ一つ。副作用が出てしまう事があるからです。

副作用には色々ありますが、一番多いのがアレルギー症状です。

痒みが発生するだけで済む場合もありますが、人によっては湿疹が出てしまう事もあります。痒みが出たら副作用と判断して、使用を中止して医師に相談するのがベストです。

またハンビロンは血管を拡張するので、結果的に血圧が下がる事があります。普段から血圧が低い人はハンビロンを服用することで低血圧の症状が出てしまう可能性もあるので注意して下さい。

  • 心臓及び血管系に障害のある人
  • 血圧が90/50mmHgより低い人
  • 生殖器系に障害のある人
  • 脳梗塞、脳出血などや心筋梗塞を起こして6ヶ月以上経っていない人

武井薬局(The New DrugStore) / ハンビロン(勃起不全治療剤) 20カプセル 外部サイト

赤ひげ薬局ハンビロンの飲み方

ハンビロンは上で挙げたような副作用があるので、血圧が90/50mmHgより低い人は服用しないで下さいと書いてあります。また血管系の問題を持っている人も飲むのはNGです。

そして使用する時は必ず副作用に注意して1日1回、1カプセルを守るよう摂取しましょう。

赤ひげ薬局ハンビロンのまとめ

hanbiron

  • 赤ひげ薬局ハンビロンは第一類医薬品
  • 有効成分である塩酸ヨヒンビンと硝酸ストリキニーネがEDに効く
  • アレルギー反応等の副作用があるので一部の人は服用NG
  • 飲む際は1日1回、1カプセルのルールを守る

まとめると以上のようになります。ハンビロンは効果が強いですが、やはり副作用も強いのが気になりますね。

副作用が無くて、安全でかつ効果の高い精力剤を試したいのであれば、強壮剤タイプの精力剤を推奨します。

詳細は精力剤のランキング記事をご覧ください。

シェアをお願いします。