1. ホーム
  2. オナ禁・オナニー
  3. ≫【エロ禁】オナ禁の意外な効果とは?8つメリットと2つデメリット

【エロ禁】オナ禁の意外な効果とは?8つメリットと2つデメリット

世間でまことしやかに囁かれるオナ禁万能説。

  • オナニーを禁止する必要なんてあるの?
  • 射精しないとむしろ身体に悪いんじゃないか?

など疑問に思う人は多いかと思います。

結論から言うと、オナ禁にはメリットもありますが、間違ったオナ禁はかえって危険なこともあります。なのでオナ禁は正しいやり方でメリットだけ享受しましょう。

なぜオナ禁をすべきなのか?その理由について

オナ禁をする理由は大きく分けて3つあります。

理由1:時間の有効活用するため

オカズはすぐに見つかっていますか?おかず探しに何十分・何時間もかけるのは時間の無駄です。

全部を5分で終わらせてるような人ならいいですが、そんなのはレアケース。普通のAVでさえ一本2時間もあるのだから、常人なら平日で30分程度、休日は1時間以上はかけていると思います。

塵も積もれば山となるではありませんが、毎日~週に数日も30分~1時間をオナニーに費やしているとなると年間で消費される時間は馬鹿になりません。

余った時間は別のことをして、有意義に過ごしましょう。

理由2:体力と活力の温存するため

オナニーをして射精をするということは、体力を消耗するし、精液の中には亜鉛やタンパク質などの栄養素も入っているので、一緒に体外に放出してしまいます。

体力と活力を温存するためにもオナ禁したほうがいいです。

理由3:性欲をコントロールできるようにする

オナ禁をすることで性欲のコントロールする効果が期待できます。

性欲を抑制できないあまり、犯罪を犯して人生を終わらせることのないように、普段から性欲コントロールができるようになるといいですね。

オナ禁により男性ホルモン(テストステロン)濃度が上昇する

  • 男性ホルモン(テストステロン)の働き
  • 脳:うつ・性欲・記憶・認知力・集中力
  • 目:ドライアイ
  • 口:ドライマウス
  • 皮膚:体毛の育成・脱毛・皮脂の産生
  • 血管:血管の健康維持
  • 骨:骨形成の促進・骨量維持
  • 筋肉:筋肉量の増加・維持
  • 腎臓:エリスロポエチンを刺激
  • 肝臓:血清タンパク・合成
  • 生殖器:陰茎の発育・精子をつくる・前立腺への作用

男性ホルモンの効果:メンズヘルスメディカル 外部サイト

オナ禁をすると、男性ホルモンの分泌量が増加することが確認されています。

これはテストステロンといって、男性の体と精神の両方の健康に役立つホルモンです。

筋肉増大や骨格の発達など、男らしい身体を作る働きをする重要なホルモン。

これを増加させることにより、陰茎の発育や精子生成、前立腺への作用など、ものすごい効果が期待できますよ。

オナ禁7日目でテストステロン濃度が急増する

onakin-kouka

画像出典:http://madpress.web.fc2.com/mad_press2013-science_of_onakin.pdf

グラフを見て分かる通り、テストステロンは7日目で急増しピークに達します。8日目以降は徐々に低下していきます。

8日以降は再び下がるため7日間のオナ禁がベスト

8日目で一旦射精しオナ禁リセットしたグループと、そのままオナ禁を継続したグループのテストステロンの数値グラフを見てみましょう。

射精したグループは15日目でまたテストステロンが増加したのに対し、オナ禁を続けてると増えないことがわかります。

ということは、テストステロンを増やすのに一番効果的なスパンは、7日間オナ禁し8日目で射精するということになりますね。

8日目以降もずっとオナ禁を続けるのは、デメリットが多いので、聖職者でもない限りは避けたほうが無難ですよ。

驚愕!オナ禁のメリットと期待できる8つの効果とは

オナ禁をすることで、男性ホルモンを増加させることがわかりました。

他にどんなメリットがあるのか、オナ禁のメリットと期待できる8つの効果をご紹介します。

  1. 女性にモテるようになる
  2. 抜け毛が少し減る
  3. 顔つきが変わる
  4. 筋トレの効果が上がる
  5. 疲れにくくなる
  6. モチベーションアップする
  7. 判断力・決断力の向上
  8. 人生を成功へと導く

では早速、解説していきましょう。

1.女性にモテるようになる

女性は男らしい身体に惹かれるもの。オナ禁により男性ホルモンが増えることで、男性的な魅力が溢れ出します。

オナ禁をすることで、性欲にも強くなっています。その余裕がモテる秘訣。

男性ホルモンはモテホルモンなのです。

2.抜け毛が少し減る

射精をすると、髪の毛の合成に必要な亜鉛とタンパク質を消費してしまいます。

オナ禁により、育毛にも効果が多少期待できますよ。抜け毛が気になる方にもオナ禁はおすすめです。

3.顔つきが変わる

オナ禁でテストステロンが増加すると、自律神経の乱れが改善され、代謝が向上します。

そうすると顔や体のむくみが解消し、顔つきが変わってくるのです。

また、テストステロンにより自身が生まれ変わるので、それも顔つきに影響を与えます。

4.筋トレの効果が上がる

筋トレもテストステロンを増加する作用があると確認されています。特にスクワットがおすすめ。

テストステロンの増加だけでなく、男性らしい魅力的な筋肉も手に入ります。オナ禁で余った体力は筋トレに回しましょう。

5.疲れにくくなる

オナニーで消耗していた体力が温存できるので、身体が疲れにくくなります。

オナ禁によるテストステロンの増加により、後述するモチベーションアップにもつながります。

6.モチベーションアップする

テストステロンは、快楽物質のドーパミンの分泌量を増やす働きがあります。

ドーパミンが増えることで気持ちが前向きになり、モチベーションがアップしやすいんです。

7.判断力・決断力の向上

テストステロンには判断力と決断力、精神的なやる気の向上効果もあります。

オナ禁をすることで、判断力・決断力が向上すれば、仕事もうまくいきそうですよね!

8.人生を成功へと導く

女性にモテる、疲れにくくなる、モチベーションのアップ、判断力・決断力の向上効果を加味すると、オナ禁は人生を成功に導くといっても過言ではありません。

あなたもオナ禁をしてみて、人生を成功へと導きましょう!

オナ禁するなら一緒にエロ禁もすべきである

オナ禁は、それだけを実行してもあまり意味がありません。同時にエロ禁もすべきなのです。

1.アダルトコンテンツへの時間・資金の浪費が減る

おかずを探す時間にどれくらいかかっていますか?

AVは大体2~3時間ありますよね。その中で抜きどころはすぐに見つかりますか?

その無駄な時間と、アダルトコンテンツを購入する資金が不要になるのは大きいですよね。

時間は有限なので、エロ禁をすればエロへの時間・資金の浪費を減らすことができます。

2.エロを禁止した時間で人生を充実させる

エロ禁をするとその時間が浮きます。何に使いますか?

何か生産的なことをすると、人生の充実度が増しますよ。

3.エロ禁止により睡眠の質も向上する

エロ禁により睡眠の質は向上します。

なぜかというとエロいことを考えたり興奮すると、交感神経が有利になり睡眠の質が悪くなるからです。

エロいことを一番考えがちな睡眠前にも、別のことを考えるか、何も考えずに眠るようにしましょう。

こちらも知っておきたい!オナ禁のデメリットについて

オナ禁のメリットをたくさんご紹介してきましたが、デメリットもあるのです。

間違った方法をすると、リスクもあるので注意が必要です。2つご紹介します。

1.全く射精をしないと男性機能は逆に低下する

  • 生殖機能の低下
  • 性欲の低下
  • 勃起力の低下
  • 精子の運動量の低下

オナ禁をおすすめしてきましたが、全く射精しないと逆に男性機能が衰えてしまいます。

特に長期間のオナ禁は、男性ホルモンの低下を招いてしまうので注意が必要。

男性ホルモンが低下すると、生殖機能、性欲、勃起力、精子の運動量が低下します。

オナ禁は一週間を目安に、8日目で射精してオナ禁リセットするのがおすすめですよ。

2.射精しないと前立腺系の病気にかかりやすくなる

2004年に米医師会誌「JAMA」に掲載された米国の調査では、1992年に46~81歳だった男性の医療従事者約3万人を2000年まで追跡調査したところ、

1カ月当たりの射精回数(性交、夢精、自慰での射精を合わせた回数)が21回以上の人では、4~7回の人に比べて前立腺がんになる危険性が3割低下することが分かった。

出典:月21回以上の射精で前立腺がんリスク2割減―米調査 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

長期間射精を行わないと、前立腺系の病気にかかりやすくなります。

上のデータでは、1ヶ月に21回以上射精した人は、4~7回の人に比べて前立腺がんのリスクが2~3割低下すると書かれていますね。

全くしないのも身体に影響を及ぼすので、適度に射精するのがいいということです。

オナ禁を成功させて充実した毎日を送ろう!

オナ禁はメリットが多いことがわかりましたね。ただし、オナ禁のメリットが得られるのは7日間がベスト。

それ以上になるとリスクも出てくるので、7日間オナ禁、8日目で射精してリセットする。これを繰り返すことでメリットばかりが得られるので、やってみる価値はかなりありますよ。

もちろん、週1以上でセックスできるパートナーがいる場合は、完全オナ禁でもいいと思います。

オナ禁、頑張ってください!

シェアをお願いします。